魂とDNAのプロフィール

転生した記憶/DNAに宿る記憶

守護霊からの伝言

私の頭の上には仙人がいる。

精神性の高い、修行僧のような人だ。

今回の私の人生を見守る存在だ。

スピリチュアルが広まった世間一般では守護霊と呼ぶのだろう。

中東にいる商人がかぶるターバンを巻いていて

もみあげあたりから伸びたひげが、口元のひげと合流しており

ラクダに乗っていそうな雰囲気の男性に見えたりもする。

9年前にその存在に気づいてから、どんどん声がクリアになってきて

色々なことを教えてくれた。

不思議と従っていれば、うまくいく、いや、良い学びを得られる。

感覚的にはすべて気分が良いことではないけれど、体験した結果

あぁこういうことを学ぶ機会だったんだな、と思えるのだ。

 このブログも一つのメッセージを具体的行動に移したもの。

以前から、見えた過去生の映像を文章化して残すことをしていた。

すると、どうせならブログでも書いてみたら?と言われ、なるほどなと思った。

というわけで過去生小説を思いのままアップロードしていく。