【DNAの経歴】我が家系の歴史3

私の高祖父・利一郎が養子として鍛冶屋を継いだのは1885年ごろだった。 一揆の時に裏切った親友からの怨念、人殺しに加担したカルマなど ものともしない勢いをもつ男だった。 古い写真を見る限り、手足や指が長く、日本人離れの体格に思えた。 ひょっとしたら、外国の血が入っているような雰囲気を感じた。 利一郎の先代で…