魂とDNAのプロフィール

転生した記憶/DNAに宿る記憶

DNA

【DNAの経歴】我が家系の歴史5

DNA

私の曾祖父・吉馬は、太平洋戦争中にサイパンで亡くなった。 我が家系のカルマと、妻・理恵の磯村家から持ち込まれたカルマの影響を受けた。 理恵の磯村家は、代々、石工だった。 一つ屋根の下で、家族ぐるみで仕事をしていた。 親戚も一緒に住み込み、風通…

【DNAの経歴】我が家系の歴史4

DNA

順風満帆と思われた、私の高祖父である利一郎の人生。 現に、4人の息子たちは家庭を持ち、子宝にも恵まれた。 子孫繁栄へつながるようにしか思えなかった。 しかし、息子たちが家庭を持つと、あれよあれよという間に悲劇が起きた。 家系図は、私に対し、必…

【DNAの経歴】我が家系の歴史3

DNA

私の高祖父・利一郎が養子として鍛冶屋を継いだのは1885年ごろだった。 一揆の時に裏切った親友からの怨念、人殺しに加担したカルマなど ものともしない勢いをもつ男だった。 古い写真を見る限り、手足や指が長く、日本人離れの体格に思えた。 ひょっとした…

【DNAの経歴】我が家系の歴史2

DNA

家系図をもとに、専門のカウンセラーに透視リーディングをして頂いた。 我が家系の衰退は、どうやら江戸時代に発生した事件がきっかけのようだった。 さかのぼること江戸時代末期、1800年代前半にそれは起きた。 年貢などに不満を示した農民が一揆を起こした…

【DNAの経歴】我が家系の歴史1

DNA

何年か前、家系図を作り、透視リーディングをしてもらい 家系の酸いも甘いも知る機会があった。 この酸いも甘いもはどこから来ていたのだろうか。 私の家系は、江戸時代から明治初期まで、土佐で農耕具の鍛冶屋をしていた。 その時代を調べてみると、土佐打…