読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂とDNAのプロフィール

転生した記憶/DNAに宿る記憶

【DNAの経歴】我が家系の歴史5

DNA

私の曾祖父・吉馬は、太平洋戦争中にサイパンで亡くなった。 我が家系のカルマと、妻・理恵の磯村家から持ち込まれたカルマの影響を受けた。 理恵の磯村家は、代々、石工だった。 一つ屋根の下で、家族ぐるみで仕事をしていた。 親戚も一緒に住み込み、風通…

【魂の経歴】今回の人生のテーマ

私にとって、今回の人生で設定してきたテーマはシンプルだ。 真実の愛を求めること、だそうだ。 恥ずかしくなってくるのだが、確かにそのようだ。 私はアトピー持ちだが、思春期ころから死ぬほど嫌だった。 これが原因で、恋愛など常に奥手だった。 それでも…

【現在】輪廻転生を描いた映画

映画『クラウドアトラス』を観た。 輪廻転生を直接的に描いた作品は見たことがなかった。 “何故、人は同じ過ちを繰り返すのだろう”というテーマ。 同じ魂の6つの人生を描き、各々の人生が相互にシンクロしている点が面白かった。 トムハンクスやハルベリー…

【DNAの経歴】我が家系の歴史4

DNA

順風満帆と思われた、私の高祖父である利一郎の人生。 現に、4人の息子たちは家庭を持ち、子宝にも恵まれた。 子孫繁栄へつながるようにしか思えなかった。 しかし、息子たちが家庭を持つと、あれよあれよという間に悲劇が起きた。 家系図は、私に対し、必…

【魂の経歴】優しい兄を持つ障害児

魔女狩り村長の次は、カルマだったのか、アジアのどこかで障害児として生まれた。 脳に少し障害を持ち、顔に大きなあざがあった。 人と違うのは何となくわかるけど、何が悪いのかさえわからない。 ただ、ただ、生きている感じだったが、愛情だけは感じること…

【魂の経歴】武器職人の葛藤

私は、今回の人生でエンジニアという職についている。 機械設計の仕事で、CADを使い、図面を引いたりする。 色々な形の部品を設計してきたが、ふと脳裏によぎることがある。 「こんなことをしていて一体何になる」 仕事中に葛藤が始まる瞬間だ。自問自答スタ…

【DNAの経歴】我が家系の歴史3

DNA

私の高祖父・利一郎が養子として鍛冶屋を継いだのは1885年ごろだった。 一揆の時に裏切った親友からの怨念、人殺しに加担したカルマなど ものともしない勢いをもつ男だった。 古い写真を見る限り、手足や指が長く、日本人離れの体格に思えた。 ひょっとした…

【DNAの経歴】我が家系の歴史2

DNA

家系図をもとに、専門のカウンセラーに透視リーディングをして頂いた。 我が家系の衰退は、どうやら江戸時代に発生した事件がきっかけのようだった。 さかのぼること江戸時代末期、1800年代前半にそれは起きた。 年貢などに不満を示した農民が一揆を起こした…

【DNAの経歴】我が家系の歴史1

DNA

何年か前、家系図を作り、透視リーディングをしてもらい 家系の酸いも甘いも知る機会があった。 この酸いも甘いもはどこから来ていたのだろうか。 私の家系は、江戸時代から明治初期まで、土佐で農耕具の鍛冶屋をしていた。 その時代を調べてみると、土佐打…

【魂の経歴】魔女狩り村長

9年前、私の魂のプロフィール(転生歴)の一つで最も酷いと感じたのが 中世ヨーロッパのどこかで村長をしていた村で起こした悲劇だ。 これは、スピリチュアルカウンセラーに透視してもらった。 簡単に言うと、数多くの女性の怨念を受けていた。 オーラにそのエ…

【魂のご縁】私と妹と母

私と妹が、なぜ母の元に生まれてきたのか? それは、母を助けるためだった。 おぼろげなのだが、アメリカでの話。 妹は教会でシスターをしていて、私は神父だった。 ある時、移住してきたアーミッシュの女性(母)が訪ねてきた。 脱会できない悩みを打ち明けら…

守護霊からの伝言

私の頭の上には仙人がいる。 精神性の高い、修行僧のような人だ。 今回の私の人生を見守る存在だ。 スピリチュアルが広まった世間一般では守護霊と呼ぶのだろう。 中東にいる商人がかぶるターバンを巻いていて もみあげあたりから伸びたひげが、口元のひげと…