読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂とDNAのプロフィール

転生した記憶/DNAに宿る記憶

【DNAの経歴】我が家系の歴史2

 家系図をもとに、専門のカウンセラーに透視リーディングをして頂いた。

我が家系の衰退は、どうやら江戸時代に発生した事件がきっかけのようだった。

 さかのぼること江戸時代末期、1800年代前半にそれは起きた。

年貢などに不満を示した農民が一揆を起こしたのだ。

藩が沈静化を図ろうと武力行使で衝突。

一旦は落ち着いたものの、藩は手助けするものまで罰則を与えようとした。

私の御先祖は、農民に親友がいて、農耕具を武器として供給していた。

それが藩に突き止められてしまう。

「手助けしようものなら、商売できなくしてやってもいいんだぞ」

御先祖さまも家族を養う身であり、親友を裏切るのはやむ得ない決断だった。

親友の農民たちは武力衝突が起きる前に、再びご先祖様に農耕具を借りにきた。

しかし、断るしか選択肢がなく、あえなく「裏切者」と呼ばれ、冷たくされた。

やがて、親友の農民たちは、藩との闘いが本格化するも、辛くも助かるが

最愛の息子や娘を失うなど、被害は甚大だった。

 その怒りの矛先は、武器を貸さなかったご先祖さまに向けられてしまい

相当に執拗な、粘っこい怨念を受けてしまう。

農民たちは、悲しみと怒りの双方の感情が満ちた、激しく歪んだ形相だった。

農民たちは不買活動で、ご先祖様の店から農耕具を買うことはなくなる。

 苦しくなったご先祖様は、敢え無く借金をするのだが、借りた先がヤクザ者だった。

今でいう消費者金融のような高利貸しだ。

当然、返せなくなり、途方に暮れてしまう。

ヤクザ者は弱みに付け込み、ある要求を御先祖様に突き付けることになる。

それは、人殺しの道具となる刃物を秘密裏に作らせることだった。

要求を受けるしかなかった。

間接的にも、人殺しに加担したというカルマに家系全体がつつまれた瞬間だった。

その後の子孫たちに暗い闇を落とすことになる。

  人殺しに加担したカルマ、一揆で裏切った親友からの怨念が

御先祖様に流れ込んでいった江戸時代の1700年代後半~1800年代。

きっかけを作ったご先祖様の息子世代は病弱となり、男が減ってしまう。

孫の代で、鍛冶屋を継いだご先祖様は比較的健康だったのだが

嫁入りして期待された妻が子宝に恵まれず、遂には途絶える事になる。

丁稚奉公していた職人が、跡継ぎとして養子に入ることになった。

その人が、私の高祖父にあたる利一郎(仮名)だ。

 明治17年頃(1885年)に跡継ぎとなった利一郎は、カルマや怨念をモノともせず

子宝に恵まれ、5人の男子を授かった。

我が家系のカルマ解放への旅がスタートしていった。

 

sachiya-log.hatenablog.com

 

【DNAの経歴】我が家系の歴史1

 何年か前、家系図を作り、透視リーディングをしてもらい

家系の酸いも甘いも知る機会があった。

この酸いも甘いもはどこから来ていたのだろうか。

 私の家系は、江戸時代から明治初期まで、土佐で農耕具の鍛冶屋をしていた。

その時代を調べてみると、土佐打刃物ではないかと推定できた。

父方の高祖父の代で、時代の波に逆らえず廃業したと、四国の親戚から聞いた。

ただ、曾祖父は国鉄の線路設計技師だった。

祖父は土木の技術者で、父は営業だったが、私は車関係のエンジニアだ。

モノづくりに関わる家系だったのだ。

しかし、実際は、親戚とのかかわり、家族との関わりで感じたのは

我が家に入り込んだ配偶者は、エネルギーを奪うか、辛い境遇となるか

そのどちらかだった。

 祖父は、私の父を含め、3人の子供を授かった。

父は長男で、弟と妹がいた。私にとって叔父と叔母だ。

叔父は、蛇女を嫁にめとってしまい、エネルギー(お金)を吸い取られ

叔母は、旦那を搾取したせいで、逆にエネルギーを失う形となり、遂には離婚。

以後、祖母からお金の援助をされるが、祖父の年金をくすねたものだった。

祖母はキツネ女だった。妖狐に憑かれていた。

祖母は、祖父には「父が年金を使い込んでいる」と嘘をついた。

さらに保身のために、祖母は、親戚中に、私の両親が、祖父の年金を使い

生活費を十分にくれないという嘘をばらまく。

その結果、いつの間にか、私の両親は悪者に仕立て上げられ

祖父母は搾取されている被害者、という構図になっていた。

 父は、強靭な精神と忍耐を持つ母と結婚したおかげで救われた。

ただ、エネルギー泥棒だらけの我が家では、母はつらい境遇を味わった。

私と両親はじっと黙って耐え、私と妹を育ててくれた。

思春期のころから、そんな葛藤劇を見てきた私は正直関わりたくなかったので

就職後は、実家を出ていたが、自分自身にも問題が多々降りかかることで

家系の問題から目をそらせなくなった。

 2013年に家系図を見直し、根本的な家系に潜む問題に取り組むことにした。

明らかに、私もふくめ、皆、滅亡していく運命に見えたからだ。

 我が家は四国に親戚が集中しているが、私は四国出身ではない。

祖父がある意味、嫌気がさし、四国を飛び出したのだ。

カルマの影響だったのかもしれないが、逃げるべきではなかった。

逃げると、形を変えて、巡り巡ってやってくるのだ。

結局、両親や私の下へ問題が降りかかってくるのも、そういうことだ。

 私は、四国の親戚たちに協力してもらい、戸籍謄本を集めた。

そして、旧漢字などを解読しながら、トーナメント表のような家系図を作った。

いつどこで誰が生まれて、いつどこで誰が亡くなり、または結婚し

さらに離婚し、といった情報を詳しく書き込んでいく。

祖父の父方母方の2系列、祖母の父方の1系列、母の父方の1系列の計4系列をまとめる。

すると、各時代の中で、生き抜いてきたご先祖様たちが見えてきたリする。

 幕末に子供を授かれず養子を招いた夫婦、同時期に10代半ばで亡くなった姉妹

戦死を思わせる太平洋戦争時期の死亡時期、跡継ぎが病死していく系列など様々。

各世代で、いくつもの物語があることを強く感じられた。

ちなみに、追えたのは1800年代まで、私の5代前までだった。

祖父は5人兄妹だったが、男は兄と祖父の二人だけだった。

祖父の兄の家系は、すでに男は途絶えていた。

祖父の家系では、私を含め、他に男が二人残っている。

自分で言うのもなんだが、資質的には、私が最後の希望だろう(笑)

なんという危ない家系だと思った。

私が死んだら、家系は崩壊し、終わる。いや、すでに終わりかかっている。

そういう運命なのかもしれない。

 ただ、私はこの途絶える運命に抵抗しようと思ったのだ。

これは衝動的だった。

私は、作成した家系図を持って、霊視の出来るスピリチュアルカウンセラーの元へ

行くことにした。

【魂の経歴】魔女狩り村長

 9年前、私の魂のプロフィール(転生歴)の一つで最も酷いと感じたのが

中世ヨーロッパのどこかで村長をしていた村で起こした悲劇だ。

これは、スピリチュアルカウンセラーに透視してもらった。

簡単に言うと、数多くの女性の怨念を受けていた。

オーラにそのエネルギーがまとわりついていたのだ。

その数にして30~40の茶色いネガティブな念だ。

輪廻転生のサイクルで、手放して良いはずなのに、まだ影響を受けている。

私自身がかなり弱っていたからかもしれない。

いったい、どんな村長だったのか。

続きを読む

【魂のご縁】私と妹と母

私と妹が、なぜ母の元に生まれてきたのか?

それは、母を助けるためだった。

 

おぼろげなのだが、アメリカでの話。

妹は教会でシスターをしていて、私は神父だった。

ある時、移住してきたアーミッシュの女性(母)が訪ねてきた。

脱会できない悩みを打ち明けられ、途方にくれた。

母が属していた集団は、酒と暴力で荒れはてていた。

移住を繰り返すジプシー生活をしながら、酔って荒れ狂う男たちからの暴力で

母は心身が疲弊しきっていた。

集団に属する他の一家の女性たちも、荒んだ生活を強いられていた。

 私と妹は、どうしても母を助けたかった。

でも、集団の問題に介入するわけにはいかなかった。

一家全体、集団全体の問題は、彼ら自身が取り組まなければいけない。

荒れてしまう問題は、彼ら自身の問題であり学びでもあったからだ。

宗教が絡むと、ことさら厄介になる。

私と妹だって、当時の自らの問題に精一杯だった。

よって、断腸の思いで母を突き放したのだ。

結果、強い葛藤と後悔の念が生じた。

死ぬまで、その後悔が消えることはなかった。

 母がその後、集団から抜け出せたかはわからない。

いや、抜け出せてはいないだろう。

気力がないほどに疲れ切っていたため

おそらく、その集団の中で、人生の終わりを迎えると推測できる。

 

 そして現在。

母は今回の人生でも、自身の家庭内で宗教問題に直面する。

しかし、父との結婚の後、自らの家族と距離を置く決断をしたようだ。

魂レベルでは、今回の人生で再チャレンジしたんだなって気づいたりする。

また、感慨深いのがその理由だった。

無事に抜け出した理由が、私と妹という守るべき存在がいたからだった。

母は、私と妹のために、自分が属した集団(家族)から距離を置くという、

過去生ではできなかった決断が出来たのだ。

 もし、私と妹がいたことで、成しえたということなら、

私と妹は、今回の人生では、母を助けるために転生し

助けられなかった後悔を、別の形で手放せたと言っても良いだろう。

 ‟とてつもない後悔”が生み出した奇跡なのかもしれない。

守護霊からの伝言

私の頭の上には仙人がいる。

精神性の高い、修行僧のような人だ。

今回の私の人生を見守る存在だ。

スピリチュアルが広まった世間一般では守護霊と呼ぶのだろう。

中東にいる商人がかぶるターバンを巻いていて

もみあげあたりから伸びたひげが、口元のひげと合流しており

ラクダに乗っていそうな雰囲気の男性に見えたりもする。

9年前にその存在に気づいてから、どんどん声がクリアになってきて

色々なことを教えてくれた。

不思議と従っていれば、うまくいく、いや、良い学びを得られる。

感覚的にはすべて気分が良いことではないけれど、体験した結果

あぁこういうことを学ぶ機会だったんだな、と思えるのだ。

 このブログも一つのメッセージを具体的行動に移したもの。

以前から、見えた過去生の映像を文章化して残すことをしていた。

すると、どうせならブログでも書いてみたら?と言われ、なるほどなと思った。

というわけで過去生小説を思いのままアップロードしていく。